小笠原諸島海底火山の軽石漂着の現況



表題の件、現在色々なメディアに取り沙汰されている

2021年8月に発生した小笠原諸島海底火山噴火による

沖縄県への軽石漂着問題について、読谷村長浜の状況を記します。


Route 6 Innのそばにある長浜ビーチにも

2か月経った2021年10月29日現在、

大量の軽石が漂着しております。


そして、日に日に軽石の漂着量が増えてきており

元々の長浜ビーチとだいぶ様相が異なってきておりますので

その状況についてお伝えできればと、

久しぶりにブログ投稿してます(*'ω'*)


■これが元々の長浜ビーチ

夕方の日陰で砂浜がグレーになってますが軽石が無かったキレーだった時のビーチです😓



■軽石ニュースが出てる最近の2021/10/26時点の長浜ビーチ

だいぶ砂浜に軽石が漂着してますが、

ビーチクリーンでなんとかなりそう



■3日後の10/29時点の長浜ビーチ

もう軽石が海面も覆いつくしだしてる((((;゚Д゚)))


日に日に酷くなってまして、これから更に状況は悪化すると思われます。


動画はコチラ↓



現在、沖縄本島全域に軽石漂着問題が発生しております。

沖縄の漁業や、本島と離島を繋ぐフェリーの欠航など

人々の暮らしにも影響が出始めております。


規模が規模なだけに、今の時点で個人でできることは相当限られてますが、

県や政府も動き始めてくれておりますので

今後問題解消に向けできることは微力ながら協力していきたいと思います。



ただ、これは個人的な考えですが、

地球の気の遠くなるような長い歴史において

海底火山の噴火など何千回何万回とこれまでおきてて

今に至っているの今後の地球においては何の問題もないと

個人的には思っております(*^^*)


では、本日はこれにて('ω')ノ